茨城県、33歳、Tさんの体験談

尿酸値が高いと気づいたきっかけは、
会社の健康診断の時で気づきました。

高くなった原因は、油っこいものや
お酒を毎日大量に摂取していたからです。

痛風で激痛のあまり外に出ることもできませんでした。

少しの風でも激痛なので外出が嫌いになり、
夜になると痛みが出てきて
寝ることもままならなかったです。

ビールを飲む癖がついていて、
ビールを飲んだその日の夜には
のたう賜るほどの痛みと格闘しながら、
生活をしていました。

生活も普通に送ることができず、
常に気にかけておかないといけないような感じでした。

尿酸値を下げるためにした対策は
食事に関しては野菜中心の生活で
ビールなどは飲まずに我慢しました。

基本的には居酒屋においてある
メニュー関連は一切食べることを辞めました。

運動は歩いて有酸素運動を
多く取り入れるようにして痛い中でも
あるくことにしました。

運動をすることで少しでも
気を紛らわせるように行動しました。

薬は一切使わずに治しました。

期間は完全に数値を落とすまでは
一年弱から2年ほどくらいで、
その間はひたすら痛みと格闘になっていました。

尿酸値は正常より少し高めですが、
だいぶ下がりました。

この調子でいくと、
尿酸値は正常範囲内になりそうなので
痛風も少しは軽減されると思います。

同じような悩みを持つ方は、
痛みで辛い日々を過ごしていることが
つらいので早めに医師に相談をして

食生活からでも手ごろにできることから
少しずつ改善していったほうが

将来治った時には食べたいものを
食べてもいいような体になるように

生活面から見直してみて
改善することにより痛風の軽減をできます。